【仕事】「ダメだったらその時はそん時」

整体師を辞めて大手のタクシー会社に転職した時のこと。

研修センターの教官が言った名言が心に刺さる。

「このタクシーの仕事がダメだったらその時はその時考えればいい。」

「今は、この業界に飛び込んできたこと自分の度胸を褒めよう」

私が若手やったから言ってくれたのかもしれないが、その言葉に救われた。

このタクシーの業界は年配が多い。

人にもよるが、色々な人生を経験しているので名言が飛び交う。

人間性、人生経験がその人の言葉と態度で新米の私にもわかるくらいだ。

多分、この教官は様々な経験をしていろんな困難を乗り越えた人生を経験しただろう。

東京で相当鍛えれたに違いない。

まず、新しいことを始めるならば、勇気を出して始めようとしている自分を褒めてあげよう。

ダメならばそん時はそん時。何も恥ずかしいことはない。

-たつの活動, タクシードライバー